薄毛を治療するために使用する薬

ミノキジジルの利用

もしも男性が薄毛に見舞われたならば、それが運命だと諦めることなく、できるだけ早期に適切な薄毛治療を行うと改善の見込みも増えていくことでしょう。

こうして薄毛を発症する背景には様々な原因が挙げられますが、中でも注目を集めているのがAGAという病気です。

 

これは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が相まってDHTという物質を作りだし、これが毛乳頭で感知されるとすぐにそこから毛母細胞に細胞分裂を抑制する指令が出され、成長期にあった頭髪は対抗期、休止期に移行して、やがては毛穴から抜け落ちていくことになるのです。

 

こうした症状を改善するにあたっては、クリニックで受けることのできるAGA治療が効果的です。
AGA治療にもその発症レベルによって様々な手法がありますが、最も広く一般的に知られている手法としては飲み薬と塗り薬による治療が挙げられます。
この飲み薬はフィナステリドという成分を含むプロペシアを飲むことで頭皮の酵素の働きを抑えてDHTの分泌量を抑制します。こうすることで頭髪のヘアサイクルが改善されるのです。

 

これに加えてミノキシジルを配合した塗り薬も効果的です。

 

ミノキシジルを薄毛を発症した頭皮に塗ると、その毛細血管が拡張されて血流量が上昇することになります。
これに合わせて血液に乗って運搬される栄養分の量も上昇し、これまで栄養不足に陥っていた頭髪にもきちんと十分に行き渡るようになるのです。
とりわけ入浴で洗髪した後に塗りこむと吸収が早く、その後の睡眠中にしっかりと循環が行われることでしょう。

 

こうした処置によってすぐに頭髪の毛質に変化が現れ、発毛や育毛を実感できるはずです。