髪が抜ける原因物質DHT

AGAという症状はある物質が原因ととなって発症します。その物質はDHTと呼ばれています。

 

DHTはジヒドロテストステロンという名称の略称で男性ホルモンが変化したものです。

 

男性ホルモンの一つであるテストステロンが、還元酵素である5αリダクターゼと結合することでDHTと変化します。

 

この変化が頻繁に発生するのが、M字部分や頭頂です。この部分に5αリダクターゼを多く持っているとAGAになりやすいと言われています。

 

DHTが頭部の毛根に作用すると毛髪の成長サイクルを徐々に短くします。

 

毛髪は通常成長サイクルは3年〜5年程度で、その間に伸びていき最後に抜け落ちます。その後新毛が生えて再び成長します。

 

ですがDHTには成長期を徐々に短くさせる働きがあり、最終的には1年程度まで短くなってしまうのです。

 

髪の成長速度は変わらないので、黒く長い毛髪になる前に抜け落ちてしまいます。また頻繁に抜けるようになるので、髪の密度が低く感じられるようになり薄毛を指摘されるようになります。

 

髪が全体的に細かったり、柔らかくなったと感じたらAGAの可能性があります。また短い抜け毛や細い抜け毛が目立つようになったら要注意です。

 

適切なAGAの対策をとらないと、徐々に抜け落ちる量が増えていきます。

 

ですが、現在ではAGAに対する治療薬が開発されています。

 

フィナステリドという成分を配合したもので、効果としては還元酵素である5αリダクターゼが分泌されるのを阻害します。

 

DHTの元になる還元酵素の量が減少することで男性ホルモンのテストステロンと結合しにくくなります。その為DHTの量が減るのです。

 

髪の成長を阻害していたDHTが減ることで、髪の成長サイクルが徐々に正常なものへと戻っていきます。