薄毛は遺伝する

薄毛の症状というのは世界中の多くの男性が悩んでいる悩みの1種でしょう。そんな中、この薄毛を引き起こす原因として最も注目を集めているのが「AGA」というものなのです。

 

薄毛になる理由としては、なんらかの原因で抜け毛が発症するのですがその1番の原因が男性ホルモンと頭皮の中にある物質が密接に関係しています。
正常な男性ホルモンは、男性の身体の中を隅々まで行き渡るように日々頑張っています。しかし、AGAを発症した男性はというと、ある物質が原因で男性ホルモンが乱れ頭皮の中にある「毛乳頭」という部分が反応し頭髪の細胞分裂がストップします。

 

そのある物質というのが「DHT」という物質なのですが、これは頭皮の中にある特殊な酵素と反応し作られ頭皮に大きなダメージを与え抜け毛の増加といった症状が現れ始めます。
まず始めに抜け毛の発症のもとといわれている「AGA」ですがDHTの他にもう1つの原因が大きく関係していています。

 

それが生まれつきから関係してくる「遺伝」なのです。男性の遺伝子についてですが、生まれたときに母親から「X(遺伝子)」父親から「Y(遺伝子)」という遺伝子情報が受け継がれています。
そこで、AGAに1番関係しているというのが母親から受け継がれたXの遺伝子の中に入っていると言われているのです。男の子を授かった母親の身体の中では女性ホルモンの他に男性ホルモンも加わっていることになります。しかし、男性ホルモンといっても少しなため母親の女性ホルモンの量の方が多いので、ここではまだAGAは関わってきません。

 

しかし、これが男性..つまり母親の兄弟または祖父などで薄毛の方がいたらどうでしょうか。
残念ながら母親がもっている女性ホルモンよりそちらの男性達のホルモンの方が多く母親の身体の中に受け継がれていたら生まれてきた男の子にも、そのまま遺伝子として継がれてしまい結果、AGAとなって発症してしまうことになるのです。

 

しかしそこで諦めるとこはありません。AGAというのは早期発見により病院またはクリニックなどで発毛治療を行い少しずつ改善することも可能なのです。

 

また、病院やクリニックでは治療法として2つの方法を勧められます。

  1. 1つ目は、飲み薬を服用し治療する方法なのですが主に頭皮の酵素の働きを弱めつつDHTの分泌量を抑えることが可能です。
  2.  

  3. そして2つは、塗り薬を使った治療法なのですがこちらは頭の気になる部分に直接塗ることで頭皮の毛細血管を拡張させ栄養分を血流に乗せ頭髪へと多くの栄養を行き渡らせることが可能です。

 

こちらの2つの方法がAGAの治療法として一般的なのですが病院やクリニックに行き先生と相談し自分に合った方法を選んでください。

 

特に先程、話した「遺伝」のほうにAGAの発症のリスクが高いと思った方は先生に相談するときに話しといた方がその後の発毛治療にて大きく有利なので恥ずかしがらずに伝えましょう。