AGAを判断する方法

男性でAGAに発症すると主に、頭全体が薄毛になってしまったり進行し続けると最終的にはハゲたりしてしまいます。
ここまでくるには症状として、いくつかの段階があるのですがまず自分の手で髪を触った時に感じられる症状からお伝えします。

 

それが主に、毛髪の軟毛化というものなのですが男性でAGAに発症してしまうと頭皮にもなのですが初めに髪の毛の成長サイクルが乱れて髪にダメージを受けます。
ダメージを受けてしまうと髪に様々な悪影響をもたらしてしまい髪が丈夫に強く育たなかったり自分で髪の毛を触った時に跳ね返ってくるあの弾力を感じられなくなってしまいます。

 

また、ワックスなどでセットしようとしても髪に勢いがないために立ち上がりが悪くなってしまったりセットが出来たとしても動いてるうちすぐに潰れてしまいます。

 

AGAは症状が進行すればするほど抜け毛も多くなり、髪の毛の成長サイクルも乱れ続けるので育つはずの期間..要は成長期なのですが、これが短くなり髪の毛が育たなくなってしまうのです。そうなってしまうと結果、髪が抜け落ちてしまうようになります。

 

また、AGAを発症した男性で抜け毛を凄く気にしている人は次のことに特に注意してください。まずAGAは発症していない人の抜け毛とは違い発症してしまうと本来、栄養が頭皮そして髪の毛に行き渡らず毛の1本1本が細く弱々しくなってしまいます。

 

そうするとAGAによって元気な毛が少なくなり抜け毛の量が多くなっていきますので、このような症状が出始めた又は既にある人は注意してください。
それに続き、髪の毛の他にも生え際が薄くなったり又、つむじ部分から徐々に薄くなる症状もあります。AGAを発症してしまった人はそれぞれ頭の薄くなってくる場所やそのパターンは違い、主な原因として「脱毛を促進する物質」というものが生え際、そして頭頂部など高濃度に存在します。

 

この物質が原因で、つむじ部分から徐々に周りに薄毛が広がってきたり、おでこ付近のM字が薄くなったりとさまざまな症状パターンが出てきてしまいます。
このような症状そしてパターンを自分で気づいた場合はAGAの可能性が高いと言えます。

 

こういった症状があった場合は放置せずに改善の為にも早めに近くの病院やクリニックに受診することが大切なので気づいたら早め早めにと心がけましょう。