生活習慣の乱れやストレスも、AGAを引き起こしてしまう

AGAを予防するために、何を気をつけるべきでしょうか?

 

生活習慣の乱れやストレスも、AGAを引き起こしてしまうと言われています。生活習慣が乱れていたりストレスが溜まった状態だと、頭皮環境も悪くなり、血流が悪化し十分な栄養が毛根に行き渡らず毛が成長しきれなくなってしまいます。

 

その結果、頭が薄くなってしまうという悪いサイクルに陥ってしまうのです。

 

頭皮の健康のためには、バランスの良い食事と質の良い睡眠も大事です。健康な髪育成のためのタンパク質、ビタミン、ミネラル、亜鉛などの栄養を、食事やサプリメントで積極的に摂取することで頭皮の環境も改善されていきます。

 

また、ミネラルウォーターなどのミネラルを含んだ水を飲むことも重要です。ミネラルは毛髪育成に必要な成分ですし、水を摂取することで血液の状態も良くなります。どろどろの血では栄養や酸素をきちんと毛髪に届けられません。血液をサラサラにしてスムーズに毛根に栄養が届けられるようにすることが大事です。

 

質の良い睡眠をとる、ということは毛髪が十分に育成できる環境を整えることにもつながります。毛が成長するのは、体が休息している時だといわれているからです。体の副交感神経を休めるためにも、十分な睡眠をとる必要があります。

 

AGAの改善と予防にはクリニックで処方してもらった薬での治療も大切ですが、体の基礎から健康を整え、頭皮環境を改善し毛髪育成を促進させるようにすることも大事なのです。

運動でAGAを予防しよう!

 

 

AGAの予防に、毎日の運動の習慣を心がけることをおススメします!頭皮の問題と運動と、どうして関係があるのかと思われる方もいるのではないでしょうか。ですが、運動をすることは毛髪育成にもとても良いことなのです。

 

そもそもAGAの状態というのは、非常に頭皮の血行が悪くなってしまっている傾向が見られます。ストレスや生活習慣が原因で頭皮が硬くなってしまい、きちんと毛細血管まで血液が行き渡りにくくなってしまうのです。

 

血行が悪い状態が続くと、髪の毛を育成する毛根にも血液から受け取られる栄養や酸素がなくなり、結果健康な髪が生えてこないようになってしまいます。

 

そこでウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動を毎日の生活に取り入れることで無理なく体の筋肉が鍛えられて筋力がつき、血管の動きがよくなり血行促進につながります。

 

ここで大切なのは、無理のない範囲で、毎日一定時間継続して体を動かすことです。無理をして三日坊主になってしまっては意味がありません。自分でできる範囲を考え、無理をせず楽しく運動を続けていくことが大事です。

 

毎日忙しくてとても運動の時間なんて取れない、という人でも、まずは入浴後や寝る前のストレッチなどで体を動かすようにすることがおすすめです。

 

ストレッチは緊張して硬くなってしまった筋肉をやわらげる効果があるため、血行を促進させる効果もあるのです。更に、副交感神経を刺激し、リラックス効果を得ることもできます。

 

このように、毎日の生活習慣の中に無理のない運動を取り入れ血行を促進させることで健康的な頭皮環境を整えていきましょう。